厚生産業株式会社


研究開発部


氏名:栗本 将太
所属:品質保証課 品質管理チーム
入社年:2012年

1.現在の仕事内容について教えてください

主な仕事として、品質レベル向上を目標に製造方法の改善や製造環境の衛生管理を行っております。
中でも、弊社は米麹や乳酸菌といった微生物を利用した発酵食品を多く扱っているため、微生物制御をいかにうまく行うかが品質を左右する鍵となります。検証を多く行い、科学的根拠に基づいた管理に注力しております。
また、お客様に商品を安心して召し上がっていただくため、製品の菌検査や理化学分析を行い、品質の判定を行うことも重要な仕事になります。

2.仕事のやりがいについて教えてください

品質管理の仕事は、何か課題に直面した際、たったひとつの対策を講じることで、品質が急激に良くなるケースは多くありません。そのため製造部と一緒にあれこれと方法を考え、地道に改良・改善を続けた結果、目に見える形で最終製品の品質が向上したときの喜びはひとしおです。
一筋縄ではいかない課題に対して、クリアすることを目標に様々な方面よりアプローチしていく過程にやりがいを感じています。

3.厚生産業の魅力について教えてください

会社全体として私のような社歴の浅い社員の言葉に対しても耳を傾けてもらえる風土があります。若いうちから、社員の一員として働いている実感が持てることは高いモチベーションに繋がっています。
また他部署との交流も盛んで、仕事が終われば、飲みにいったり、遊びに出かけたりする機会が多くあり、社員同士の仲が良いことも魅力のひとつです。

4.休日の過ごし方は?

最近はもっぱらゴルフにはまっています。ただ、ストレス解消のために行ったつもりが、大叩きをし逆にストレスが溜まることもしばしば・・・
最近はようやく大台の100を切ることができるようになりました。品質管理の仕事同様、一筋縄ではいかない奥深さに魅力を感じます。

5.これから社会に出る方へのメッセージをお願いします

学生のうちにしかできないことをたくさん経験したほうが良いと思います。部活に打ち込むのも海外旅行に出かけることもいいと思います。
時間にゆとりがある学生時代に多くのことを経験しておくことで、後々社会に出てからプラスになることも多いかと思います。